オススメ記事
ニューヨークの本当に美味しいお鮨屋17選!在住者が食べ比べ

こんにちは。ニューヨークの大学に通っているRei(@reimatsuda7)です。

たくさんのお寿司屋さんで溢れるニューヨークのマンハッタン。寿司屋といってもピンキリで、タイプも様々です。

アメリカのお寿司と聞くと、カリフォルニアロールや握りでもサーモンを思い浮かべると思いす。でもニューヨークの中心であるマンハッタンでは超本格的な江戸前寿司を堪能できるお店がいくつもあるんです。

Omakaseという言葉が浸透している程、修行を積んだ職人による寿司を楽しむニューヨーカー。

今回は、ミシュラン獲得店や日本人そしてニューヨーカーにも人気の本格お寿司屋さんをまとめてみました。場所は全てマンハッタンで、私自身が実際に足を運んできました。

オススメのお寿司屋17選 in New York

ここに紹介してあるお寿司はぜんぶ実際に行ったので、自信を持ってご紹介することができます。ほとんどがお任せです。

Sushi AZABU

Sushi Azabuは、2010年からずっとミシュラン1つ星を獲得し続けている実力店。私がニューヨークで食べた最初の本格寿司で、アメリカでこんなにレベルの高いお寿司が食べれるのかと感動したのを今でも覚えています。

詳しくは別の記事にて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Sushi Noz

続いてはSushi Nozです。私の大好きなお店で、Eaterの動画を見てから絶対に行くと決めました。Sushi Nozは味だけでなく体験も最高級で、まるで芸術ショーを見ながら食事をしている気分になれます。

お任せコースのみですが、写真でもわかるようにメニューが多くボリュームは満点。現在Hinokiカウンターでのお任せメニューは$400での提供ですが、ここはチップ不要です。

Sushi Nozは今まで3回ほど行った事があるのですが、毎回全く違う経験ができ、飽きません。シャリ、熟成されたネタ、そして目の前で準備される料理どれをとっても満点なので間違いないお店です。ちなみにSushi Nozは私がニューヨークで2番目に好きなお店です。私のおすすめのネタはイカ、ホタテ、カニです。

こちらも別の記事でまとめてあるので、もっと詳しく知りたい方はぜひ読んでみてください。

Sushi Amame

Sushi Amaneは、ミシュラン1つ星を獲得し続けている超人気店です。そして寿司好きなら誰でも聞いた事があるだろう名店「鮨 さいとう」で握ることを許された鮨職人「宇井野詩音」によるお任せコースがニューヨークでも堪能できます。

宇井野はとても気さくな方で私が行った回で唯一の日本人だったからか、たくさんお話しする事ができました。肝心の鮨ですが、どれもほっぺたが落ちるほど美味しかったです。中でも印象に残っているのが酢で味付けされたカニで、写真左側のものですが感動しました。

また、私が行った時はたまたま大間のマグロが入っていたこともあり、様々な部位を食べ比べさせてもらいました。初めて食べましたが最高に美味しかったです。

Nakaji

きました。続いて紹介するのがNakaji。チャイナタウンにあり、寿司職人Kunihide Nakajima氏が握っています。Nakajima氏は東京の老舗寿司店の三代目で、彼の江戸前寿司に対するこだわりは天下一品。そんな彼が握るお寿司は日本人にもニューヨーカーにも大人気で、所属するお店が変わっても、彼を追いかけるファンはたくさんいるようです。

私も初めて行った時にその理由がすぐわかりました。「胃袋を掴まれる」という感覚はこういうことかと、Nakajimaさんが握る寿司そして全ての料理に教えられました。全ての料理に魂を込められており、口に入れるたびに感動してしまいました。

どの料理も最高に美味しかったのですが、個人的に1番感動したのはNakajimaさんの家族から代々伝わるアナゴです。アナゴと言えばどのお寿司屋さんでもだいたい最後に出てくる定番ですが、Nakajiのアナゴは別格に美味しかったです。絶対食べて欲しいです。

しかし、Nakajiを人気店にしている理由はその味だけでなく、Nakajimaさんの人柄にもあると思っています。気さくで誰に対しても正面から向き合ってくれ、私が初めって行った時も普通の学生だった私のことを知ろうとしてくれました。Nakajimaさんはその人によって料理や同じ料理でも出し方を変える繊細な方でもあります。

話しているうちに意気投合し、初めての訪問だったのにも関わらず、もうすぐ大学を卒業するという話をすると特別に雲丹のサービスをしてくれたり、そのおもてなしに感動しました。料理とその人柄に惹かれ一気にファンになってしまった私は、ニューヨークから出る前日にダメ元で連絡したところ、無理やり席を確保してくれました。

そこでも2回目ということで、巻き寿司をサービスしてくれたりついこないだ初めてきたばかりなのに、家に帰ってきたようなそんな感覚でした。料理も変わらず最高で、前日に大好きなSushi Nozにも行ったのですが、私の中で1番はNakajiだと確信しました。

この先「ニューヨークでおすすめの寿司は?」と聞かれたら真っ先にこのお店を紹介すると思います。

Noda

Nodaもミシュラン1つ星を獲得している超人気店。このの特徴は何と言ってもステージのような豪華なバーで食べるお寿司。悪く言えばかなりチャラい空間ですが、職人のTsunodaさんが握る寿司は超本格的な江戸前寿司。気さくで話しやすく、空間とのギャップがすごいです。

どの料理も洗礼されていており、芸術作品のようで食べるのはもったいないくらい。隠れ家のような秘密の空間は特別な日の食事にもピッタリです。

Satsuki

Satsukiでも伝統的な江戸前寿司を楽しむ事ができます。上品な空間で食べる、本格寿司は最高の贅沢です。

ネタがどれも大ぶりで食べ応えがありました。同じエリアにあるSuzukiでは会席料理を、THREE PILLARSでは創作和食を楽しめます。

Kosaka

Kosakaもミシュラン1つ星を獲得している名店。お任せは$150ほどで他のミシュラン獲得店と比べると、リーズナブルに本格寿司を楽しむ事ができます。

空間はとても親しみやすく、リラックスして談笑しながら楽しめるような雰囲気なので、デートなどにもおすすめです。

Sushi Yasuda

Sushi Yasudaはミッドタウンにある、本格的な寿司屋です。店内はカウンター以外にもテーブル席が複数ある開放的な空間で、ニューヨーカーの方がほとんどを占めていました。

ネタは写真を見てわかるようにかなり小さめで、この寿司屋のスタイルではあるのですが私には物足りませんでした。満腹にならなかったので雲丹の食べ比べを頼んだのですが、北海道とカリフォルニア・サンタバーバラ産の雲丹はどちらもクリーミーで美味しかったです。

普段のお任せでは多すぎるというような方には、ちょうどいい量かもしれません。

Sushi Lab

Sushi Labは最近若者に人気のあるニューヨーカー向けのお寿司屋。伝統的な江戸前寿司とは少し違いますが、味は結構よくかなり楽しめました。

おまかせメニューは$60から楽しむ事ができ、空間もかなりおしゃれなので学生のデートにはオススメです。

Mojo Omakase

Mojo Omakaseは最近できたようで中国人?の職人が握るお寿司屋さん。たまたま行き、味は美味しかったのですが、特に印象に残る食事ではありませんでした。ネタの出るスピード感が早いのでサクッと美味しい寿司を食べたい人にはいいかもしれません。

15 East restaurant

15 East Restaurantは、ユニオンスクエアの近くにあり名前の通りイースト15丁目の15番地にあります。ニューヨーカーに愛される寿司の名店として知られ、日本から仕入れた本格的な寿司を楽しめます。

寿司以外の料理も評判で、ビジネスマン同士の会食や生魚は食べられないアメリカ人と一緒に行くのにもピッタリです。

私のお気に入りのお店で、とてもオススメです。

Sushi of Gari

Sushi of Gariはミシュラン1つ星を獲得し続けている名店として知られ、ニューヨークでは老舗の部類。私が訪れた時はカウンター席が空いておらず、テーブルでお任せを頼むのは嫌だったので普通の握りのみを注文しました。

とても期待していましたが普通のお寿司という感じで、次回はカウンターのお任せでリベンジしたいと思っています。

Sushi by Bou

Sushi by Bouは完全に外国人をターゲットとしたお任せオンリーのお寿司屋さん。リーズナブルな価格でおまかせを楽しみたい人や、初めておまかせを体験したい人にとってオススメのお店です。

店内は大変狭く、ネタもぽんぽん出てくるのでお酒を飲まなければ30分程度で食事が終わります。デートだと少し忙しいので向かないかもしれません。日本人の職人ではないですが、とても美味しかったです。

Sushi by M

Sushi by Mは私の中でSushi by Bouの上位交換的な立ち位置。値段は若干上がりますが味や質も大幅アップ。予約に関してですがカウンターに座りたい場合はYelp上で、カウンターでおまかせ希望というメモを残さないとテーブル席に通される場合があるのでそこだけ注意です。

また、ここの店員の方がとても気さくでタイ出身の女の子2人とずっと喋っていて、とても仲良くなりました。今では一緒に遊ぶ仲です(笑)

日本人の職人ではないのですが、握りやネタはとてもしっかりしていて、本当かどうかわかりませんが食材も日本から仕入れていると言っていました。ここのお店の特徴としては、和牛や雲丹、キャビアやフォアグラなどの高級食材を合わせたメニュー。右下の写真のメニューを彼らは謎にビックマックと読んでいます、、笑

その上のは確かチーズバーガーと呼んでいたと思います。伝統的な江戸前寿司とはかけ離れていますが、味は美味しかったのでオススメです。ニューヨークで女の子を最初のデートに誘うなら、ここかSushi Labが安全です。

Sushi on Jones

Sushi on JonesもSushi by Bou寄りの寿司店。正直なところコスパはそこそこ良いのですがクオリティはイマイチでした。店員の方はとても気さくで雰囲気もいいのですが、中国人の職人がかなり小声でネタの説明をしても何を言っているのかわからない、無愛想でした。

また、ネタの出てくるスピードは最速で12分くらいで写真のネタ全て食べたと思います。種類は多いのですが、ネタがかなり小ぶりなのでお腹もあまり満たせずに一瞬で終わってしまい、そのあとはピザ食べながら帰りました。ここへ行くなら断然Sushi by Mです。

Sushi Nakazawa

Sushi Nakazawaは私のお気に入りのお寿司屋さん。ここは銀座のすきやばし次郎で修行を積んだ中澤大祐さんがメインシェフを務めています。

今回私はランチで行ったので中澤氏は登場しませんでした。私が行った時は女性の職人で、とても気さくな方でたくさんお話しできました。どのネタも綺麗にカットされていて、とても美味しかったです。蟹味噌を上に乗せた蟹の箱寿司?が特に美味しくてとても印象的でした。

マグロの食べ比べもあり、ランチにしてはとてもボリューミーで大満足でした。超人気店なのでランチでもディナーでも予約は必須。とてもオススメです。ここはディナーでもまた行きたいです。

Chelsea Market (Lobster Place)

Chelsea Marketの定番ランチと言えばロブスターですが、同じエリアでは職人による本格寿司も楽しめます。値段もそこそこで、新鮮な市場に囲まれながら食べるお寿司は格別でした。

Chelsea Marketは他にもグルメが集結している場所ですが、その中でも日本人としてはやっぱり寿司を選びがちです。クオリティも高かったのでChelsea Marketに立ち寄った場合は試してみる価値ありです。

まとめ

今回の記事ではおまかせメニューに絞って、ニューヨークでオススメのお寿司屋さんをまとめました。どのお店も特色があり、好みもあると思いますが、これだけ寿司屋を巡っているとよくランキングを聞かれます。

私があえてオススメランキングを作るとするとダントツの1位は「Nakaji」、次に「Sushi Noz」、3位は「Sushi Amane」になるかなと思います。

コスパ重視で気軽に行ける場所なら「Sushi by M」「Sushi Lab」がオススメです。

たくさんあるニューヨークのお寿司屋さん選びに困った時に、この記事が役立てば嬉しいです。

   「Reigo Academy」開講決定!

本気で英語を学びたい生徒募集中。
英検1級・TOEIC970点・ニューヨーク在住
米国大学生のReiが全ての授業を担当し、
「英語の可能性」
を体感してもらいます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事