オススメ記事
New Orleansへビジネストリップ~AMA International Collegiate Conference~

こんにちは。Rei(@reimatsuda7)です。

今回の記事ではAMA International Collegiate Conferenceという、アメリカ・マーケティング協会によるビジネスイベントに大学のチームと参加した時の記録を書きます。

実は去年の事なので今更ですが、思い出として残したいと思ったのでゆるく読んで頂ければ嬉しいです。

AMA International Collegiate Conferenceとは?

AMA International Collegiate Conferenceは毎年ニューオリンズで米国マーケティング協会によって開催される、ビジネス系学生のためのカンファレンスです。このことから、NOLA Conferenceと呼ばれます。

American Marketing Associationは、全世界に30,000人の会員を持つマーケティング専門家のための専門団体。全米には76の専門支部と250の大学支部があ。私の通うニューヨーク州立大学プラッツバーグ校も大学の支部の1つです。

AMAについてはこちらにまとめてあるので、日々の活動など気になる方は読んでみてください。アメリカでビジネス、特にマーケティングを学ぶ学生は必見です。

NOLA Conferenceでは、3日間に渡って開催され、ネットワーキングイベントはもちろん、ケーススタディ、セールスピッチコンテスト、各チャプターの表彰、AMAメンバー限定の特別就活イベント、起業家やビジネス界の著名人よる講義、豪華ディナーなど盛りだくさんの内容です。このイベントはAMAの中でも特に大きく、ハワイやグアムを含め、全米から支部大学が集まります。

私達のチャプターは2日前にニューオリンズに到着し、合計で1週間滞在したので学んで、遊んでという最高の期間でした。

こちらのページでは私が参加した年のNOLA Conferenceについてまとまっています。

NOLA Conferenceのレポート

ここからは2020年度のNOLA Conferenceについてレポートしたいと思います。毎日朝から晩まで会場内でのイベントが盛りだくさんで、本当に大変でしたがめちゃくちゃ充実しました。ちなみに、ホテルやニューヨークからの飛行機代往復、イベントの参加費など全て大学側が奨学金として出してくれました。

イベント1日目

1日目はチャプターで作ったオリジナルのTシャツを来て、開会式を行ったり、ネットワーキングイベントを行ったりとカジュアルにスタートします。自分たちのチャプターTシャツはこんな感じです。これもオリジナリティやデザインなどの観点から、チャプターTシャツ賞という部門で表彰の対象になります。

また、自分はDigital Marketing Bootcampというデジタルマーケティングの講座に申し込んでいたので、朝からこちらに参加しました。講座は2時間ほどでめちゃくちゃ疲れましたが、その道のプロによる講義で最後はAMAが公式に提供するテストを受け、合格できるとCertificateを取得できます。これは履歴書に書けたりと、就活にも繋がります。

また、この日はセールスピッチコンテストもあり、AMA本部の役員やビジネスパーソン、実際の投資家に向かってプレゼンをするコンペに出場しました。結果は予選敗退で、英語力以前に人生で初めてのセールスピッチだったのでガチガチに緊張し、無残な結果に終わりました。

ここで上位に残ると表彰され、ごく稀に本当に出資してもらえることもあるらしいです。また、キャリアアドバイスをしてくれるブースもあり、当時ボスキャリなどの就活を通して、12個ほど内定を貰っていた自分は進路に迷っていたため、アドバイスを貰ったのですが、自己分析から具体的なキャリア相談まで親身にお話を聞いてくれてとても良かったです。

こんな感じで1日目はあっという間に終わり、夜はBourbon Streetでディナーと飲み歩きして帰りました。

イベント2日目

イベント2日目はフォーマルな服装とドレスコードが指定されていました。なのでスーツです。

この日はカンファレンスの3ヶ月前から準備していたケーススタディ大会で、チーム全員で参加しました。こちらもセールスピッチのようにプレゼン形式で行い、今回はコットン業界についてのマーケティングレポートを発表しました。

グループでのプレゼント言えど緊張しましたが、こちらもプロからのフィードバックを貰え、とても良い機会でした。

また、2日目は会場の至る所で著名人の講演やプレゼンが行われ、自分の興味のある内容やスケジュールに合わせて参加することができます。

今回のゲストスピーカーの中には、The Wall Street Journalの役員、Grouponのマーケター、フィットネス系のインフルエンサー兼起業家などなど、貴重なお話を聞くことができました。普段は会えないような人に一箇所で会えて、学生にっては本当に素晴らしい機会です。

他にもチャプターごとに出し物を出したり、ネットワーキングイベントをしたり、ボスキャリのような就活のブースがあったりと盛りだくさんの日でした。

イベント3日目

イベント3日目は最終日なので、表彰が行われます。セールスピッチやチャプターTシャツ、ケーススタディ、チャプターアワードなどさまざまな部門で表彰があります。個人で入賞すると奨学金を貰え、チームで入賞すると奨学金としてクラブの予算を増額してくれたり、特別なイベントに招待されたりととても豪華です。

私の通うSUNY Plattsburghは、”Exemplary Chapter Performance”というチャプターアワードを受賞できました。これは年間を通してAMAとしてコミュニティに大きく貢献したチャプターに贈られる名誉ある賞です。

カンファレンスで私達の大学が表彰されるのは初の快挙だったので、学生新聞にも掲載されました。

1年間多い時には毎日ミーティングをして、メンバー全員がプロフェッショナルとして一丸となって活動していたので、この賞が貰えた時はメンバー全員で歓喜・号泣しました。今回来れなかったメンバーにもビデオ電話で報告し、喜びを分かち合いました。

また、表彰式の後はディナーで、最後もネットワーキングをして豪華な飯を食べてイベントを締めくくりました。私はフロリダ大学の学生とディナーを通して仲良くなり、今でもSNSを通じて連絡を取ったり、マイアミに遊びに行った時もご飯に行ったりしました。

夜はもちろんBourbon Streetで打ち上げです。この次の日からコロナの関係で規制がかかり、通行止になってしまったので本当にギリギリでした、、。

まとめ

以上、AMA International Collegiate Conference 2020のレポートでした。

こんな感じで、3日間あっという間のイベントでした。結論から言うと、思った以上に学びと収穫があった最高の時間となりました。アメリカでビジネスを学ぶ学生で、通っている大学がAMAの支部校であれば絶対参加するべきイベントだと思います!

   「Reigo Academy」開講決定!

本気で英語を学びたい生徒募集中。
英検1級・TOEIC970点・ニューヨーク在住
米国大学生のReiが全ての授業を担当し、
「英語の可能性」
を体感してもらいます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事