オススメ記事
Covidiotの意味は?コロナがきっかけで誕生した英単語・スラングまとめ

新型コロナウイルスがきっかけで誕生した英単語・スラングまとめ

こんにちは。Rei(@reimatsuda7)です。

皆さんCovidiotって最近よく聞きませんか?

新型コロナウイルス(COVID-19)が世界的に流行する中で、アメリカをはじめる英語圏では続々とコロナウイルスに関する新しい英単語やスラングが誕生しています。今回の記事ではそんな新しいコロナ単語をまとめました。

Covidiot

新型コロナウイルス危機の中、公共衛生や社会に悪影響な行為をする人。Covid+Idiotからなる造語。

Maskhole

公共の場でマスクをしない人。Mask+assholeからなる造語。

Moronavirus

「公共衛生や社会に悪影響な行為をする人のこと」Corona+Moronからなる造語。

Doom Scrolling

(スマホで)暗いニュースを読むのをやめられず、ニュースサイトやSNSのスクロール更新を続ける行為。

WFH

「在宅勤務」→Work From Homeの略

Coronasomnia

自粛期間中の不眠症。

Rona

「コロナウイルス」を短縮したあだ名。Missを付ける人も。

Quarantine and Chill

自宅隔離期間にイチャつくこと。

Coronials

コロナによる自粛期間中に命を授かった子どもたち。

Generation C

「コロナ世代」。元々は"Generation Connected Collective Consumer"。

Covidivorce

コロナ離婚。

Quarantini

自宅隔離中に作る自家製カクテル/宅飲み。

Quaranteam

自粛期間を一緒に過ごす人。

Spendemic

隔離期間で急増したネットショッピング。

VHH

「オンラインの飲み会」→Virtual Happy Hour。

Zoom Bombing

Zoomでの荒らし行為。

Coronacation

コロナによるバケーション状態。

Boomer Remover

「年寄りを除去する病」→高齢者の方が重症化のリスクが高いため。

Corona Bae = Quarantine Bae

自粛期間中にオンラインでできた恋人。

Zumping

Zoom上で恋人と別れること。

まとめ

コロナがきっかけで誕生した英語スラングや単語いかがでしたか?日々新しい英単語が生まれていて、面白いですよね。

インスタグラムでもこのような英語ネタをまとめているので、ぜひフォローお願いします!

   「Reigo Academy」開講決定!

本気で英語を学びたい生徒募集中。
英検1級・TOEIC970点・ニューヨーク在住
米国大学生のReiが全ての授業を担当し、
「英語の可能性」
を体感してもらいます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事