オススメ記事
Honorsで卒業ってどういう意味?海外大学における成績優秀者の称号を解説

こんにちは、Rei(@reimatsuda7)です。

海外大学や高校を卒業した人から聞く、Honorsという言葉を知っていますか?Honorsとは直訳で「名誉」などの意味がありますが、高校や大学の場合は「優等」という意味でよく使われます。

つまりHonorsで卒業するということは、成績優秀者として大学/高校を卒業するという意味なんです。実は私自身も12月にHonorsでニューヨークの大学を無事に卒業することができました。

しかし、Honorsで卒業すると言ってもいくつか種類があり、Honorsで卒業するメリットなどもたくさんあるので、今回はHonorsについて説明します!

3つあるHonorsの種類

実はHonorsには種類が3つあり、どれもラテン語なので、それらを合わせてLatin honorsといいます。上から順番にSumma Cum Laude、Magna Cum Laude、 そしてCum Laude。主にアメリカの大学で成績優秀者に対して使う称号です。

他にはDistinctionという称号が使われることもあり、国や大学によって異なります。

このいずれかのHonorsで卒業すると、レジュメに書けるので就職活動で有利になる他、大学院進学にも大事になってくるので卒業時にこの称号を受け取れるよう猛勉強する人はとても多いです。また、大学によってはHonorsで卒業した証として特別なHonor Cordを貰えたり、さまざまなメリットがあります。

大学によってGPA何以上や、成績が上位何%で以上で貰えるかなどの基準は異なるので在籍している大学で確認してみてください。

Summa Cum Laude

Summa Cum Laudeは「最優等」という意味がある称号。多くの大学では、成績上位5%またはGPAが3.9以上などの人に送られます。私の大学ではGPA3.9-4.0の人に送られました。この称号の人は本当にすごいです。卒業式のスピーチはSumma Cum Laudeに選ばれた学生が行うことが多いです。

Magna Cum Laude

Magna Cum Laudeは「最優等と優等の間」という意味がある称号。多くの大学では、成績上位10%またはGPA3.7以上の人に送られます。私の大学でもGPA3.7-3.89の人に送られました。

Cum Laude

Cum Laudeは「優等」という意味がある称号。多くの大学では、成績上位15%またはGPA3.5以上の人に送られます。私の大学ではGPA3.4-3.69の人に送られました。私が受け取ったのがこのCum Laudeという称号で、私のGPAは惜しくも3.69でギリギリMagna Cum Laudeに届かないという何とももどかしい気分でした。

また、私の場合はCum Laudeでしたがマーケティング専攻においての成績はトップだったという理由と、大学で多くの課外活動を行い表彰されたおかげで教授の推薦があり、卒業式では私が卒業生代表としてスピーチをしました。

Honors卒業を左右するDean's List

Honorsとは別に、Dean's Listという言葉も聞いたことありませんか?上で紹介したHonorsは卒業時に貰える称号ですが、Dean's Listは毎学期の終わりに成績優秀者の名前が載る名簿リストです。

通常Dean's ListにはGPA3.5以上で載ることができ、こちらも大学によって基準はバラバラです。Honorsで卒業することはもちろん、Dean's Listに毎学期載ることを目指す学生も多く、こちらもレジュメに書いたりとアピール材料になります。

ちなみに私も全学期Dean's Listに載ることができ、その度に表彰されたりといい事づくしでした。Dean's Listに載ることは、Honorsで卒業するための第一歩と言えます。

アメリカの大学でAを取るために日々実践していたことはこちらの記事にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

Honor Societyについて

Honorsと混同しがちなのがHonor Societyです。Honor Societyとは日本の大学などにはにはないものなので、正確に訳すことは難しいのですが、あえて日本語にすると「(米国の)優等生協会」です。

Honor Societyとは、学業や課外活動で優秀な成績を納めた人だけが入ることができる組織です。その規模や影響力は組織にもよりますがとても大きく、その名誉は生涯続きます。

優秀な学生のみに招待が届き、Honor Societyの種類も数学のHonor Societyからビジネスのもの、リーダーシップなどさまざまです。

ちなみに私もOmicron Delta Kappaというリーダーシップと米国マーケティング協会のAlpha Mu Alphaという2つのHonor Societyに招待され、メンバーになりました。

こちらも学業の成績に強く関わっており、招待されるメリットもたくさんあるのでぜひ視野に入れてみてください。

私がHonor Societyに入るまでの過程などはこちらの記事にまとめてあります。

まとめ

いかがでしたか?今回の記事ではHonorsで卒業することの意味と、その種類についてまとめてみました。

留学生としては現地の学生に付いていくだけでも大変かもしれませんが、Honorsで卒業することは一生の財産になるはずです、皆さんも是非、海外留学の1つの目標にしてみてください。

 

 

   「Reigo Academy」開講決定!

本気で英語を学びたい生徒募集中。
英検1級・TOEIC970点・ニューヨーク在住
米国大学生のReiが全ての授業を担当し、
「英語の可能性」
を体感してもらいます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事