モントリオールの絶品B級グルメ!必ず食べたいご当地フード8選

こんにちは。ニューヨークの大学に通っているRei(@uver0527rei)です。

今年のサンクスギビングデーは、ニューヨークからバスでモントリオールへ旅行に行ってきました。

北米のパリと呼ばれるくらい美しい街並みのモントリオールは、歴史的な建造物などの観光スポットがたくさんありますが、グルメの街としても知られています。

実際に、モントリオールにはたくさんのレストランやご当地グルメがあり、旅行中に食べたもの全てが美味しかったです。また、フランスの影響を受けた食べ物もたくさんあるので、フレンチ料理も楽しめる美食家にとっても面白い場所です。

モントリオールの定番B級グルメ8選!

それではさっそく、カナダ・モントリールの絶品グルメを紹介していきます。今回の記事ではB級グルメに特化しています。料理名と、オススメのメニュー、お店もそれぞれ合わせて載せています。

1. プティン(Poutine)

プティンはカナダ・ケベック州の名物グルメNo.1と言っても過言ではないくらい人気な料理です。フライドポテトにグレービーソースとチーズをかけたものが最も王道なスタイルですが、他にもチキンやベーコン、ソーセージを乗せたものなどたくさんの種類があります。

私が今回の旅で行ったお店が、「Poutine La Banwuise」というプティンの専門店。いつも行列ができるくらい人気で、ここが1番だと言われたので行ってきました。

メニューも豊富にあり、どれにしようか迷いましたがチキンが乗っている「La Galvaude」にしました。サイズはレギュラーとラージがありますが、レギュラーでも十分すぎるほどのボリュームです。

記念すべき初プティンは本当に美味しく、これから他のお店も開拓したり、違うメニューも試したみたいと思います。

ちなみに、「Frite Alors!」というプティン専門店も美味しいという噂を聞いているので、次回はそちらに行こうと思います・

2. スモークドミート

ガッツリとしたB級グルメを味わいたい方にオススメなのがこちらスモークドミートの専門店「Shwartz’s」。こちらのサンドウィッチはこのお店の看板メニューで、10日間マリネした肉を8時間ほど燻製し、さらに3時間ほど蒸しています。

サンドウィッチなのか?と言わんばかりにボリューム満点ですが、味も最高に美味しいです。正直今回の旅で食べた料理の中で個人的にはダントツでお気に入りでした。

観光客にも地元の方にも大人気なので、お店の前にはいつも行列があり、私も最初はちょっと絶望しかけましたが、並んでみるとスイスイ進むので、思ったよりも早く席につくことができました。

お店の中はこんな感じで、テーブル席もあるので子連れの方でもゆっくりでき、カウンターもあり、こちらの回転率が本当に早いので、行列を見ても落ち込まないで大丈夫です。

場所はサンロラン通りにあり、近くにはたくさんのお店やカフェがあるので、散策してお腹が空いた時に行けるのがいいですね。

3. クレープ

モントリオールでは、フランス流の本場クレープ専門店がたくさんあります。私が今回訪れたのが、「Crêperie Chez Shuzette(クレープリー・シェ・シュゼット)」というお店で、フルーツ系やクリーム系など豊富な種類のクレープを選ぶことができます。

ほとんどのメニューにはオリジナルのメープルシロップが付いていて、これがまた美味しい。私が今回頼んだのが、1番人気のメープルシロップクレープにアイスをトッピングしたもの。

美味しすぎてびっくりしました。いつも原宿とかで食べてるようなクレープの生地しか知らない私にとっては衝撃でした(笑)クレープってこんなに味が深くて、主役になれるのかと思い知らされましたね。提供までもかなり早く、アツアツの出来立てを食べられたのも良かったです。

ちなみに旧市街地に位置しているので、ノートルダム大聖堂や周辺のお店を見た後に、休憩がてら気軽に入れるのでぜひ行ってみてください。

4. ベーグル

ベーグルもモントリオールでは大人気で、特に「Fairmount Bagel」は必ず訪れたいベーグル専門店。ニューヨークでもベーグルは人気ですが、モントリオールベーグルの特徴はより全体が詰まっており、中がもっちりボリューミーになっています。

正直こちらのベーグルの方が私は好みでした。出来立てアツアツで、何もトッピングなしのプレーンを選びましたがに何もソースいらないくらいベーグル自体が美味しかったです。先ほど紹介した「Shwartz’s」から徒歩15分くらいに位置しているので、デザートがてらぜひ行ってみてください。

「St.Viateur Bagel」というベーグル専門店もこちらと同じくらい人気らしいので、次回食べようと思います。

5. プレッツェル

ベーグル同様に、プレッツェルも少し硬めの外にうっすらと塩がきいて、中はモチモチしていて美味しかったです。正直アメリカで初めて食べた時は、そこまで好きな食べ物ではなかったのですが、モントリオールで食べたものは美味しいと感じました(個人的には断然ベーグル派ですが。)。

ちなみに私が食べた場所は、「Jean Talon Marche」にの中にあるお店です。

6. メープルスノウキャンディー

メープルスノーキャンディーをご存知でしょうか?こちらもカナダ・モントリオールの名物で、マーケットの出し物があったり、専門のお店でしか出会えないなどレア度が高めです。

私はクリスマスマーケットでこのキャンディーにたまたまありつけることができました。作り方が面白く、名前の通りメープルシロップを氷の上に垂らして、10秒ほど待ち木の棒にくくりつけて完成です。

ただの飴だろうと思っていたのですが、ものすっごく美味しくてびっくりしました。この旅のMVPは間違いなくこれだと思うくらい美味しかったです(笑)

7. メープルアイス

メープルはクレープやキャンディーだけでなく、アイスにしても最高に美味しいです。モントリオールにあるほとんどのアイス屋さんにはメープル味がありますが、その中でも格別なのがここ「Délices Érable & Cie」。

このお店も旧市街に位置しているので、周辺の観光スポットを回ったあとの休憩スポットとしても活用できます。自分が注文したアイスの写真を撮り忘れたことがショックです、、(笑)

8. チキン 【番外編】

こちらは番外編ですが、モントリオールの大学に通っているアメリカ人の友達に、「Romados」と「」のチキンは絶対食べてから帰ってねと言われたので、その友人の言葉を信じて行ってきました。

両方は行けなかったのですが、今回は「Romados」で噂のチキンを使ったチキンサラダを頼んでみました。実は上だけでなく、中にもチキンがぎっしり詰まっていて、見た目以上にボリューミーになっています。筋トレを本格的に始めた私にとってはプロテインたくさんで最高の料理です。

また、プティンやチキン単体など他にもたくさんメニューがあります。

肝心の味ですが、めちゃくちゃ美味しかったです。目の前で刻んでくれたチキンが本当に美味しくて、家の近くにあったら毎日行くと思います(笑)

まとめ

今回はモントリオールのB級グルメを8個紹介してみました。プティンとスモークドミートは絶対に外せないということは改めて伝えておきます。また、機会があればメープルキャンディーも必ず食べてみてください。本当に美味しいので!

最後はモントリオールで食べた「Kinton Ramen」の写真で締めたいと思います。この記事がモントリオール旅行の役に立てば嬉しいです!ここまで読んでいただきありがとうございました。

   「Reigo Academy」開講決定!

本気で英語を学びたい人のために
"限定3名"で生徒を募集します。
英検1級・TOEIC965点・ニューヨーク在住
米国大学生の私(Rei)が全ての授業を担当し、
「英語の可能性」を体感してもらいます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事