DMM英会話での合計英会話時間が15000分を突破

オンライン英会話、正確にはDMM英会話を、約2年前に始めてからほぼ毎日続け、ついに15000分に到達しました。1日25分間なので、15000分÷25分= 600回。こうやって、改めてて数字で見ると、けっこう英語を喋っているんだなと思いました。オンライン英会話の記事は2回目ですが、今回の記事ではオンライン英会話を通して得た効果や、気付きなどを共有したいと思います。

TOEICのスコアが短期間で上がった

最初に受けたTOEICは315点でしたが、そのわずか10ヶ月後に受けた時のスコアは755点でした。440点upです。私はオンライン英会話を通して、特にTOEIC対策をしたことはありませんが、DMM英会話は確実にスコアアップの理由の一つだと思っています。もちろんTOEIC対策はそれなりにして、英検などの対策もして英語力を上げていました。しかし、オンライン英会話を毎日行うことで、インプットした知識をアウトプットする機会が常にあったので、効率的に勉強することができました。例えば、金フレや他の教材で覚えたフレーズや単語を積極的に会話で使っていたので、知っている単語ではなく使える単語を増やすことができました。デイリーニュースなどの教材でもTOEIC頻出単語をよく目にしていたので、自然と対策にもなっていました。TOEICの対策をしなくても、毎日英語に触れることで、話すこと、聴くこと、読むことの基礎的な英語脳の土台を作ることができました。

IELTS Speakingで7.0を取れた

私はオンライン英会話を中心にIELTS、特にスピーキングの対策を行っていました。ケンブリッジから出版され、通称数字シリーズと呼ばれる公式のテキストや、過去問や予想問題などが載っているIELTS mentorなどのサイトを授業中に使っていました。IELTSのスピーキングは約15分なので、オンライン英会話の25分間で模擬試験さながらのレッスンを行うことができます。また、残りの10分間では添削やディスカッションも行えます。これを約半年続けた結果、本番はオンライン英会話を受けるような感覚で受験することができ、緊張せずしっかりと自分の言いたいことを伝えることができました。IELTSスピーキングの対策は、オンライン英会話を使って1年後から始めたので、ある程度喋れる状態からでした。しかし、全ての問題に答えがなく、常に考えて英文を作る必要があるので、英語での純粋なコミュニケーション能力を高めることができました。

英検1級の2次試験(スピーキング)を合格できた

私はほぼ全ての級の英検2次試験対策をオンライン英会話を通して行いました。DMM英会話の素晴らしいところは、二次試験対策のテキストが、会員なら無料で使い方なところです。私は全ページ使い倒しました。一応、DMMで対応しているのは準1級までですが、先生によっては1級の対策も行ってくれます。主にこの要望に答えてくれるのは、IELTS対策ができる講師でした。オンライン英会話で対策したおかげで、IELTS同様、英検も1級まで無事に合格することができました。

アドリブでも英語のスピーチができるようになった

オンライン英会話を2年程度継続した結果、昔と比べて驚くほど自信を持って英語を話すことができるようになりました。始める前は、知っているフレーズのみでなんとか日常会話をしのいでいましたが、文法を自分で組み立てて文章を完成させるとトレーニングをしたおかげで、事前に準備しなくても会話ができるようになりました。なので、プレゼンやスピーチでも英文を丸暗記で話すことだけに集中するのではなく、自然にアドリブを入れたり、「伝える」を意識したスピーチ・プレゼンができるようになりました。

映画を字幕なしでも観れるものが増えた

ものにもよりますが、そこまで難しくない映画だとほとんど理解できるようになりました。私は英検1級を取得するまで映画や洋楽を取り入れた学習にはあまり力を入れませんでしたが、飛行機で映画を見る時に、聴く力がしっかり付いていたのを実感しました。一度アメリカで「The Martian(オデッセイ)」を映画館で見ましたが、字幕なしでも笑うところはしっかりと笑ってストレスなく楽しむことができました。オンライン英会話を継続すると、脳が英語脳に変わり、今まで雑音だと感じていた音が少しずつ解釈できるようになります。

1人で海外に行けるようになった

英語が話せるようになったことで、1人で海外に行くことが容易になりました。1人でフィリピンへ行った時にタクシーでぼったくられそうになっても、しっかりと言い返してトラブルを回避できました。趣味がダイビングと旅なので沖縄の宮古島や石垣島へ行き、日本人のバックパーカーによく会うのですが、世界に挑戦したいけどやっぱり英語がネックという方がほとんどでした。今でこそ海外は身近なものになりましたが、それは英語を話せるようになったからで、オンライン英会話は英語力を上げてる以外にも人生を豊かにする力があると思います。

発音が良くなって英語が楽しくなった

話す力以外にも、発音が良くなりました。よく講師の方にも日本人のアクセントもなくて綺麗なアメリカンイングリッシュだねと良く言われます。最初はネイティブっぽく真似するのが恥ずかしかった覚えがありますが、その恥ずかしさは完全に消えて、むしろネイティブっぽくないと恥ずかしいと思えるようになりました。そうなると、発音に気を使うようになり、どんどん良くなります。それが結果的に自信になり、どんどん英語学習が良い方向へ向かいます。

外国人と話すことに慣れた

毎日話すので、たとえそれがスカイプであっても、外国人と話すことに慣れることができます。オンライン英会話をやる前は、外国人と話す時少しだけ緊張したりしてしまいがちですが、毎日話すと、日本人と話す感覚と同じになります。これがとても重要で、この状態になると格段にリラックスして授業を受け、街中でも会話することができます。また、ほとんど毎日初対面の人と会うので、人に慣れることができ、型の決まった自己紹介を作れたり、コミュ力向上にも繋がります。

さまざまな観点からニュースを見えるようになった

DMM英会話の場合は世界の109ヶ国から講師が選べます。私はよくデイリーニュースをレッスンで使用しますが、ディスカッションの時に他の国の人の意見を聴くことができるのは本当に勉強になるし、面白いです。例えば、ルワンダ人の先生とテクノロジーについての記事を使った時は、ルワンダはITにとても力を入れているという事実を教えてもらいました。その国の人から生の情報を受け取れるので、英語ができるというのは改めて得だなと感じました。まだまだIT化が進んでいない日本にとって、すでにICTに力を入れている国の人からアドバイスをもらうことで、プログラミング教育の行方など様々な方向から考え、議論することができました。

学校の課題や授業のアドバイスをもらえた

DMM英会話では講師の自己紹介欄に、大学での専攻が記載されていて、フリーワードで検索できます。私は一般教養で取っていた生物の授業のテスト勉強が全く捗らなかったので、生物学を専攻している大学生や院生の先生の授業を取って教えてもらったりしていました。オンライン英会話は使い方によっては英語だけでなく、英語を使って得られるその先の知識を得られる最高の教材だなと思いました。またそれだけでなく、個人で書いている英文日記や課題のエッセイなども通常のレッスンとは別に添削してもらっていました。

私の成長過程と学習方法

上記のようにオンライン英会話をこなしていく中で、たくさんのことに気付き、英語力を伸ばすことができました。ここでは私の成長過程と主に使った教材などの紹介と、学習方法をざっくりとまとめてみました。

0分〜1500分(開始から2ヶ月)

はじめは簡単な会話と、基本的な挨拶、自分のことを最低限説明できる英語力を付けることに専念しました。オンライン英会話を始めたのは高校3年生の10月頃でしたが、最初のレッスンは本当にHelloとThank youくらいしか即座に出てこないレベルでした。 この時期にやっておいて良かったなと思ったことは、はじめてからすぐに自己紹介の型を英語のできる人に添削または作ってもらうことです。毎日決まったパターンを使うことで、自己紹介を完全にものにすることができました。また、そのおかげで毎回の会話で良い出だしができるので自信にも繋がりました。今でも私の自己紹介は型の原型に沿っています。

使用教材:会話(基本の会話、日常会話初級)
まとめ:まずは自己紹介を極める、会話を楽しむ

1500分〜3000分(4ヶ月)

まだまだ上手く話せませんでしたが、この頃にはすでに英語を話すことに抵抗や恥ずかしさが無くなりました。瞬間英作文や音読などで覚えたフレーズを積極的に使う意識を常に心がけていたので、少しずつ学んだことをアウトプットするということが理解できるようになりました。また、講師の選び方にも工夫をするようにしました。(文法がめちゃくちゃで、片言でも)自分が使おうとしたフレーズや単語をほったらかしにせず、ジェスチャーやテキストでどうにか(自分が使いたかった)表現を英語のできる人に正しく教えてもらうことで、フレーズ集などを読むよりも効率が良く、より大切だと感じていたのでタイピングが早い、テキストをよく使ってくれる、言いたいことを汲み取る能力があるなどの特徴を軸にお気に入りの講師を自分なりに探しました。

使用教材:会話(日常会話初級)
まとめ:オンライン英会話で使う意識をして日々インプット、自分に合った講師を見つける

3000分〜5000分(6ヶ月)

この辺りでようやく日常会話の初級編が終了し、次に日常会話の中級に移ろうとしましたが少しだけレベルが高いと感じたため他の教材を使用して英語力を上げようと決めました。一応この頃から音読にも慣れ、読むスピードも上がりましたが発音も伸ばしたいと強く思うようになりました。また、RとLの発音が弱いとほぼ全員の講師に注意されたのでこの期間に発音を磨いてから中級に挑もうと決意しました。また、現在は削除されてしまっている教材ですが基本の発音と同時にTongue Twister(早口言葉)の教材も使用していました。

使用教材:基本の発音
まとめ:焦らずに自分のレベルや状況に合った教材を選ぶことが一番大切。語学学習は出来ないことや苦手をなくすことでレベルアップできる

5000分〜10000分(1年)

ようやく発音のレッスンを終え、オンライン英会話以外でも音読やシャドーイングなどの訓練をたくさんしていたのでこのあたりでかなり自分の話す英語に自信が付きました。発音が良くなることで英語が楽しくなり、聞き手(講師)に聞き取りにくいことによって生じるストレスも減らすことが出来たのでより良いコミュニケーションと更に質の高いレッスンを受けることができるようになりました。また、日々の学習と少し時間を空けたおかげでこの頃には英検準一級を受験できるレベルになっていたので中級会話も難なくこなせることが出来ました。

使用教材:会話(日常会話中級)、デイリーニュース、英検準一級二次試験・面接予想問題
まとめ:癖ができる前に発音は修正しておく。聞き取りやすい英語を話してよりfruitfullなレッスンを楽しむ

10000分〜12000分(1年6ヶ月)

10000分を突破する頃には英検準一級にも合格し、難しいトピックでなければ即興でもそれなりのスピーチ、ディベートも可能で、ほとんどのシーンであまりつっかえずに英会話をすることが出来ました。IELTSでも対策なしでスピーキングのセクションで6.5を取得することが出来ました。また、この時期に同じく英検準一レベルの友達、自分より偏差値が20くらい高い高校や国際高校に行った人など自分より確実に長い間英語と触れていた人と比べて自分の方が英語をペラペラ喋れるということに気が付きました。英語に触れている時間は長くても、彼らの英語を喋っている時間は10000分に到底及ばないので短期間で追い付くどころか追い抜かすことが出来ました。この期間のレッスン内容は主にIELTS対策とひたすら話して更にfluencyを磨く期間にしました。中級や英検準一級を終えた私にIELTSスピーキングのトレーニングは最適で、IELTS mentorというサイトを使用して毎日実戦形式で会話をし、言いたいことをロジカルに説明する力とアカデミックな単語をすぐに出せる力を養いました。

使用教材:IELTS menror
まとめ:スカイプで毎日英語を話すだけで大体の日本人に勝てる

12000分〜15000分(2年)

DMM英会話を使用してから約2年が過ぎ、この頃には英検1級に合格しIELTSでもOverall7.0(S7.0)を取得できるレベルになりました。使用していた教材はIELTS mentorでサイトの過去問を繰り返し続けています。トピックが広いので教養にも繋がり、同じ問題でも違うアプローチで解答し、どんな問題にもひるまないようになりました(例えば What do you think of happiness ?)。地味で少し飽きてしまったこともありましたが確実にレベルアップに繋がっていました。どうしても飽きてしまった場合はフリートークでひたすら話してモチベーションを高めたり、デイリーニュースなどを使用してレッスンしていました。

使用教材:IELTS mentor
まとめ:2年やれば英検1級も大したことではないと思える

現在

現在はアメリカの大学に進学して全て英語で生活しているというのと、単に忙しい(言い訳)という理由でレッスンは週に2,3回しか出来ていませんが継続しています。必要ないのでは?とよく言われますがいくら英語を毎日たくさん喋っていてもこっちにきてから英語だけに使うインプットの時間が本当に作れないので英語力を更に上げるためにオンライン英会話の時間は必要だと感じ継続しています。帰国する際にTOEFLを受験しようと思っているのでTOEFLスピーキングを使用して日本にいた時と同じようにアメリカでも勉強しています。

まとめ:英語は使わないと伸びない

いかがでしたか?個人的なストーリーではありますが今回の記事では私がオンラン英会話を通してどのように成長し、成長するためにどのようなことを意識していたのか簡単にですがフェーズごとにまとめてみました。記事中でも少し触れましたが、英語学習の最終目的は会話をするためであるのにも関わらず、その話すことをせずに英語を勉強してしまっていることが多いのが私の印象です。今までは海外に行かないと英語でコミュニケーションをする環境が手に入りませんでしたが、今はスカイプで簡単に安くできるので使わない手はないと思っています。私が昔の英語学習者で。現在使ってない人を見たら多分怒ります(笑)毎日やることで必ず結果は出るということを証明出来たかなと思うので、オンライン英会話は英語学習者の方に自信を持っておすすめしたいです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事